さぬきうどん取り寄せ〜

6月初めは

 

 

6月の初めは 近場のさぬきうどん専門店で
冷たい系の醤油うどんというなんの変哲もないスタート。

 

5月は高松市内の有名店に何度が行って
コシのあるうどんを堪能したが。

 

はやり近場のさぬきうどんではイマイチ満足はできない。

 

かといって車で片道30分かけてわざわざ
高松市内の有名店までは行けない。

 

何かの用事に引っ掛けてでないと行けない。

 

そんなことで近場のさぬきうどん店もありがたい物である。

 

混雑をさけて13時近くに行ってみたが
まだ無料のダシコンブが残っていたのはめずらしい。

 

400円也

 

 

 

 


久しぶりのざるうどん

 

近場の本命さぬきうどん店が水曜日定休日だというのを
すっかり忘れていた。

 

時間つぶしをしてまで13時ごろ行ったが到着直前で
ひょっとして水曜日休みだったかも・・・と気づいた。

 

取りあえず手間の2番手の店が開いていることは確認していた。

 

本命店の駐車場でUターンして2番手の店へ行った。
13時過ぎという時間帯なので店の入り口付近に
楽々駐車できた。

 

雨の日は入口近くに停められるのはありがたい。

 

久しぶりにざるうどんを食べた。

 

おかずはこの店にしかない丸天。

 

 

コシの物足りなさもあるけど
量も満足できるしダシも満足できたし
今日はこれでよかった。

 

420円也

 


有名店4回目

 

 

高松市内に用事があったので
有名店へ行った。

 

これで4回目であるがやっぱり一発で
たどり着くことができなかった。

 

今回は遠回りしても一発で行こうと思ったのだが
やっぱり近い方の道から入り別の道へと入ってしまった。

 

結局遠回りして覚えている道から入った。

 

時間も13時近くということもあり
店に一番近い駐車場に停められた。

 

ここは店の2〜3軒隣であり屋根付きである。
車内が高温にならないので助かる。

 

行列は店外に2人しかしなかった。
店内の行列は10人ちょいである。

 

4回目にしてわりとスムースに食べることができた。

 

今回はコシを求めて冷たい系に戻ってみた。

 

始めて来たときに食べた醤油うどんである。

 

コシもあり量もあり満足できた。

 

480円也。

 


セルフでないさぬきうどん店

 

さぬきうどんを外食するときは90%以上セルフうどんみせである。

 

しかし今回久しぶりにセルフうどん出ないさぬきうどん店へ行った。

 

というのも同行の家内のうどん以外が食べたいとのリクエスト
を取り入れたからである。

 

さぬきうどんをメインにして複数の店舗を構える
レストラン風のうどん店である。

 

なのでそばをはじめうどん以外のメニューも豊富である。

 

冷い系のうどんならさぬきうどん専門店にも
負けないコシがある。

 

私はメニューには載っていないが
醤油うどんがあることを知っている。

 

醤油うどんを注文してみた。

 

せフルでないとうどんが出てくるまで
店の混雑具合では遅くてイライラすることが多い。

 

しかし、今回はわりとスムースにでてきた。

 

醤油うどんに専用の醤油をかけた写真です。

 

 

付属の専用ダシ醤油を好みで少しだけかけます。
食べ進んでいくと味が薄くなるのでまた少しかけます。

 

私は3回に分けてダシ醤油をかけるのを基本としています。

 


いつもの醤油うどん

 

 

自宅近くのいつものさぬきうどん店での
いつもの冷たい系醤油うどん。

 

400円也

 

12時ジャストくらいの入店だったので
まだ行列はできていなかった。

 

食べ終わってで来るころには少しだけ
行列ができていた。

 

一番よく行くさぬきうどん店なのだが
満足しているわけではない。

 

しかし、満腹感は十分にある。

 

自宅から車で5分くらいだから
ちょっとした用事にひっかけていくことが多い。

 

そこそこコシのある満足できるさぬきうどん店は
自宅から車で30分圏内まで行かないとない。

 

大満足できるさぬきうどん店は自宅から
車で1時間以上はかかるからめったには行けない。

 

 


選んだ曜日がオオマチガイ

 

7月初めの日曜日。

 

梅雨明けを思わせる暑さであった。

 

暑いがゆえに何か用事をする気にもなれず
時間がたっぷりあった。

 

そこで時間つぶししてまで高松市内の
有名さぬきうどん店に行ってみた。

 

13時頃である。

 

いつも道を迷いながら行っていたのだが
今回はその有名さぬきうどん店が目的なので
迷わない唯一覚えているルートから行った。

 

丁度有名さぬきうどん店のすぐ近くの屋根付き駐車場から
一台の軽四輪がでてきた。

 

炎天下だから屋根付き駐車場はありがたい。

 

ところが、屋根付き駐車場に入ってみると空きはない。

 

出てきた軽四も屋根付きを狙って入ったものの
空きがないので出てきたところだったのだろう。

 

そこで冷静に車の中から行う列を確認してみた。

 

炎天下の店外にには4〜50人の行列ができていた。

 

これだと最低でも30分は炎天下で並ぶ必要がある。

 

わざわざ有名さぬきうどん店へ行ったがあきらめることにして
そこそこ満足できるセルフではない有名店へと引き返した。

 

駐車場はまぁまぁ余裕があったので店に入ってみたが
そこそこ客席は埋まっている。

 

セルフでないので回転は遅い。

 

覚悟を決めて入って一番奥の隅っこの二人掛けのテーブルを選んだ。
4人テーブルもいくつか相手はいたが一人で4人テーブルに
座る勇気は持ち合わせていない。

 

注文を聞きに来るのを待ったがさすがになかなか来ない。

 

かなり経ってからやっと注文を聞きに来てくれたので
コシを求めて冷たい系の生醤油うどんを注文した。

 

このタイミングでオカズのおでんを取りに行った。
うどんが来るまでにまだまだ時間がかかるので
おでんが冷えてしまうだろうなとは思いながら。

 

前回この店に家内と一緒に来たときに
支払い時レジでJAF会員サービスの小さな小さな表示をみた。

 

店員さんに確認してみるとJAF会員証提示でおでん一本無料
サービスだという。

 

それなら最初に言ってくれよと腹が立ったものだ。

 

今迄、何度も来ているしおでんを食べたこともあるが
JAF会員サービスがあることを知らなかった。

 

そこで今回はこの店に来る予定ではなかったが
来た以上はおでんを無料で食べようと思った。

 

注文したうどんはなかなかこない。

 

忘れているんとちゃうかいなと思ったりした。
30分近く待たされてやっと持ってきてくれた。

 

当然おでんは冷え切っていた。

 

店員さんがダシ醤油はかけすぎないでくださいね。
辛くなりますから。

 

と親切に言ってくれた。

 

余計なお世話だい。

 

そんなこと言われなくてもわかっているよ。

 

しかし、最初にかけた醤油だけで
ほとんど最後までいけた。

 

他の店なら食べ進むうちにダシ醤油をかけたすのが普通だ。

 

私は大体3回に分けてダシ醤油をかけたすのが普通だ。
だからダシ醤油は一人に一つでなければならない。

 

いちいち共有の無料コーナーへダシ醤油を取りに行かなければ
ならないさぬきうどん店もある。

 

ところで、待ちかねたうどんを一口食べたときである。
大事なことを忘れていた。

 

JAFカードを車に置いたままにしていただ。
軽装の半袖スタイルであったということもあり
コインケースとスマホしか持っていなかった。

 

そこで仕方なく、箸を置き炎天下の駐車場まで
JAFカードを取りに行ってきた。

 

結論

 

日曜日にさぬきうどん有名店へは行くものでない。

 

 


普通の満足

 

まだ梅雨明けはしていないがもうすぐ7月半ばになる。

 

今月はまだ一回しかさぬきうどんを食べに行っていない。

 

香川県人の半数以上は週一にはうどんを食べる
という統計が出ている。

 

10日くらいさぬきうどんを食べないと禁断症状が出てくる。

 

といってもさぬきうどん専門店で食べていないというだけである。
自宅では家内の手作りうどんを連日飽きるほど食べている。

 

もう梅雨明けまじかで連日暑い日が続いている。
いつもは冷たい醤油うどんを食べているが
ざるうどんが無性に食べたくなった。

 

今日は時間の余裕もありすぎるくらいあるので
さぬきうどんを食べに行くことを第一目的と
してとりあえず店を決めずに正午直前に車で出かけた。

 

 

高松市内の有名店へ行きたいが
小雨が降ってきたのでやめようと思った。

 

傘も持っていないので小雨の中
濡れながら行列に並ぶのは嫌だ。

 

そこで、近場のうどん店で済まそうかとも考えた。

 

ということで妥協して中間的な位地にある
高松市郊外の行列の少ない有名店に行くことにした。

 

自宅から車で20分である。

 

12時20分ごろ着いたが
広い駐車は8割くらいで駐車の余裕は十分ある。

 

店の前に3人ほど座っていたがタバコを吸うために座っていたようだ。

 

店内は4割がた座席が空いている。

 

レジに3人だけ並んでいる。

 

レジの人が不慣れなようで時間がかかっていた。

 

おかずは長天と丸天があったので迷ったが
長天にした。

 

そのためか530円だった。
私のとってワンコインオーバーは珍しい。

 

しかし、その長天は美味しくなかった。

 

肝心のざるうどんはそこそこコシがあり
満足できた。

 

満足できたのであって大満足ではない。
往復40分かけて食べに行ってよかった。

 

 


ゲストを

 

東京在住の身内が帰郷したので
さぬきうどんを案内した。

 

本人が気に入っている店でもあるので近場の
いつものさぬきうどん店へ連れて行った。

 

 

おでんがとても気にいっているそうである。
うどんもそこそこ旨いといっていた。

 

 

前々回案内した別の近場のさぬきうどん店のときは
これなら全国チェーンの○○製麺の方が
旨と言われ悔しい思いをしたものだ。

 

東京で住んでいるなら行列に並ぶのは慣れているはずなので
有名店の行列に並んでみるという選択肢もあったのだが、
3連休と炎天下ということで止めた。

 

 


大満足

 

 

今回は炎天下路上での行列覚悟で有名店へ行ってみた。

 

ただ、時間帯は13時を回ってからと決めていた。

 

ちょこちょこと病院やら散髪やら本屋やら、
時間調整をして店に着いた時は13時を大きく廻っていた。

 

不思議と路上の行列はなかった。
この高松市内の私のお気に入り店は
何回目だろうか?

 

5〜6回目ぐらいだろうか。

 

初めて路上行列がなかった。

 

行列が怖くて時々しか足を運ばないのだ。
この前なんかは行列をみて引き返したほどだ。

 

駐車場も屋根付きが一台分のみ
空いていたのはこの季節ありがたい。

 

店内に入ると10人弱の行列があった。

 

これならスムースに食べられそう
と思っていたがなかなか進んでいかない。

 

やっと注文を聞いてくれたので
冷かけうどんを注文した。

 

これなら早く出来るだろう
と思っていたら、

 

お時間いただきますがよろしいでしょうか?
と言われてしまった。

 

ただのかけうどんで時間がかかるのは初めてである。

 

番号だけ教えてもらって先に会計を済ませる。

 

廻りを見渡すと席に着いたまま待っている客も多い。

 

狭い店内で座って待つのも手もちぶたさである。

 

壁に無数に並んでいる有名人のサインを見ても
誰のものか全く理解できない。

 

スマホを使って時間をつぶすのは慣れていないので
することなくなってしまう。

 

かなり待たされて順番を呼ばれて
やっとありついた。

 

一口すすって・・・

 

 

うまぁ〜〜 ♪ ♪

 

私好みのコシがあるうどんである。

 

久しぶりに大満足できるうどんである。

 

シンプルなかけうどんが美味しくてこその
さぬき手打ちうどんだと思う。

 

これが「中」(二玉)で300円で味わえる
幸せを感じた。

 

出汁にはこだわらない派ではあるが
出汁もコシのある麺とマッチして美味しかった。
普段は飲まない出汁を半分以上飲んでしまった。

 

最初はざるうどんしよと決めていたが
冷かけうどんにして大満足である。

 

ざるうどんなら80円高い380円である。

 

今回のおかずはこの時期珍しい
タコの天ぷら。

 

期待してなかったがこれも旨かった。

 

今回は合計400円也で大満足な
土用の丑の日であった。

 

 


6月〜関連ページ

1月〜
休日ともなれば人気さぬきうどん店は長蛇の列!ほとんど並ぶことを知らない香川県でも別格の世界です。オススメの美味しいさぬきうどんの取り寄せを店を紹介します。☆
3月〜
休日ともなれば人気さぬきうどん店は長蛇の列!ほとんど並ぶことを知らない香川県でも別格の世界です。オススメの美味しいさぬきうどんの取り寄せを店を紹介します。☆
5月〜
休日ともなれば人気さぬきうどん店は長蛇の列!ほとんど並ぶことを知らない香川県でも別格の世界です。オススメの美味しいさぬきうどんの取り寄せを店を紹介します。☆
8月〜
休日ともなれば人気さぬきうどん店は長蛇の列!ほとんど並ぶことを知らない香川県でも別格の世界です。オススメの美味しいさぬきうどんの取り寄せを店を紹介します。☆
10月〜
休日ともなれば人気さぬきうどん店は長蛇の列!ほとんど並ぶことを知らない香川県でも別格の世界です。オススメの美味しいさぬきうどんの取り寄せを店を紹介します。☆