さぬきうどん日記

特に理由もなく

 

特に出かける理由もなく
特にうどんを食べる理由もなく

 

ただ、外に出かけたかったから
うどんを食べたというしょうもない理由で
近場のお気に入り一番店で
いつもの温か系のかけうどんを食べてきた。

 

ちょっぴり寒かったけどバイクで出かけた。

 

おかずを一通り見渡して
特に食べたいものは見当たらなかったので
おでんのコンニャクにしようと思っていた。

 

ところがおでんのすぐ手前に
玉子焼きがあったので
ついつい手を伸ばしてしまった。

 

この手のラップをかぶせた系のおかずは
めったに食べないのだが。

 

そーね 年に一回あるかないかくらいだ。

 

小さくカットされた玉子焼きが
二切れとキュウリ・・・ 食べごたえは全然ない。

 

430円也

 

西で

 

さぬきうどんが美味しいのは香川県でも
西讃(せいさん)と呼ばれる西の地域に集中している。

 

私は逆に東側なので地理的には距離がある。
距離があるといっても日本一狭い県だから
たかが知れているけどわざわざは行かない。

 

4月初旬花見と観光取材を兼ねて
観音寺市まで行ってきた。

 

途中の国道沿いで見つけた適当な
セルフのさぬきうどん店に行ってみた。

 

有名さぬきうどん店は普通主な国道沿いにはない。
わかりにくいところにあるのが普通だ。

 

だから私の持論としては国道沿いのわかりやすい場所にある
さぬきうどん店の味は大したことがないと思っている。

 

ほとんどが期待を裏切られる。

 

しかし私は西讃は地理勘がほとんどない。
今回は有名さぬきうどん店を下調べもしてきてない。
家内はお腹がすくと待ったがきかない。

 

というわけで安直に国道沿いのさぬきうどん店に行ったというだけの
ことなんですが。

 

 

ランチタイムにはそこそこ気温も上昇していた
ので今年初の冷たい系うどんを食べてみた。

 

冷たいぶっかけうどんとイカのゲソ天

 

 

温かいかけうどんとナスの天ぷら

 

 

びっくりするほどコシがあって美味いというほどでないが
近場のさぬきうどん店よりは美味いと感じた。

新規開拓店

 

さぬきうどん店の新規開拓は特に進んではやらない。

 

桜も散り始めた4月上旬
高松市内に車で行く用事があった。

 

帰りがてらにさぬきうどんを食べようと思っていたが
特に決めているさぬきうどん店は考えてなかった。

 

用事が長引き14時過ぎになっていた。
昔高松市内に住んでいたところの近くの
そこそこ交通量のある道を通っていたら
そう言えばここにさぬきうどん店が出来ていたな
と思いだした店があった。

 

何度か前を通って知ってはいたが
自分の持論として

 

国道とか大きな通りに面した店は美味しくない
というあまり根拠のないものがあったのでいつもは
素通りしていた。

 

今日は14時を回っていたりしたので
あまり選り好みする時間でななかった。

 

14時過ぎなのに広い駐車場には
半分くらい車が停まっていた。

 

車は現場関連の小型トラックが多かった。

 

現場関連の小型トラックが多い店は美味しい
というもう一つの持論がある。

 

そこで思い切って入ってみた。

 

汚れた作業服系のグループがいくつか
テーブルを囲んで雑談している風景があった。

 

そこそこ気温も高くなってきているので
冷たい系のうどんにしようと思いメニューを
みたら醤油うどんが真っ先に目に飛び込んできたので
醤油うどんにした。

 

この店は嬉しいことに無料トッピングに
カツオの削り節があった。

 

このカツオの削り節が置いてある店は
最近ほとんど見かけない。

 

昔はうどん自体は大したことないが
削り節があるというだけで店に行ったことも少なくない。

 

どれどれと思って一口

 

ん 期待に反して コシがあって旨い。

 

それも私好みのコシである。

 

いままで炎天下などで店外の行列に並んでまで
有名店に行ったのはなんだったのかと思った。

 

これからはこの店をメインに用事の時間配分を
考えようと思った。

 

また、時間に余裕があるときは
遠回りしてでもこの店に来ようと思った。

 

平成最後の大発見であった。

 

 

おでんのコンニャクとで500円はちょっぴりお高い。

 

香川のくせしてスダチがついてきたのも嬉しい。

 

スダチは8月の後半から9月が露地ものの
最盛期なので今は真反対の時期なので
高いと思うのだが。

2019初ざるうどん

 

4月22日は最高気温が27度まで上がったらしい。

 

昨日までは冬用の下着だったのを
今日から夏バージョンに切り替えたばかりだ。

 

二日前までは電気コタツも使っていた。

 

冬から一気に夏になった感じだ。

 

桜の花も一気に消えて葉桜となり
田植えが急ピッチで始まった。

 

春と秋は極端に短くなった気がする。

 

そんな季節には冷たいうどん系が美味しい。

 

今日は2019年初ざるうどんにした。

 

これからは初秋をむかえるまで
当分冷たい系さぬきうどんでとおすだろう。

 

新規店に2回目

 

4月の初めに偶然行って気に入った
久しぶりの新規開拓店。

 

4月の後半高松市内へ行く用事があり
90代の高齢の母を連れていった。

 

正午直後だったのでやや混み始めていたが
駐車は余裕でできた。

 

 

前回冷たい系の醤油うどんにしたが
今回は冷たい系のぶっかけうどんにした。

 

この店はかつをの削り節が無料トッピングできる
数少ない貴重な店である。

 

どばっと思い切り入れたら入れずぎになってしまった。
かつおぶしでうどんが見えない位になってしまった。

 

あらあらしまったなと思っていたらかつをに
気を取られてネギを入れるのを
忘れてしまっていた。

 

ネギを入れようと思ったらあとからあとから
次々とお客さんが来るので逆戻りなど出来ない
状態になってしまっていた。

 

いくらかつをの削り節がすきだからといっても
ネギの無いうどんは食えない・・・

 

でも今回はしかたない。

 

店によってはネギを入れる場所を数か所に
分散している店も多いのだがこの店は一か所だけである。

 

肝心のうどんだか前回始めて食べたときは
自分好みのコシのあるうどんだと思ったし
時間があればわざわざ食べに来てもいいと思ったほどだ。

 

しかし、2回目である今回は麺が堅いと感じた。

 

何度も言うが コシがあるうどんと 堅いうどんは 違う。

 

温か系のかけうどんを食べていた高齢の母も
いつも食べてる地元のうどんより堅いt言っていた。

 

次回は温か系のうどんを食べてみようと思う。

 

今回はかつをの削り節が多すぎたのと
ダイコンおろしの水っぽさが邪魔をして
肝心のぶっかけのたれの味はほとんど感じなかった。

 

おかずはさぬきうどん店には珍しいダシ巻玉子にした。
これは美味しかった。

 

ひやかけうどんのシーズン

 

5月半ば 暑くなってきた。

 

近所の一番お気に入りさぬきうどん店。

 

バイクで行ったが暑いので防寒着等は
着ずに走ったらそこそこ寒い位だ。

 

温かいうどん系にしようかと思ったくらいだが
やっぱりコシのある冷たい系にした。

 

ここんとこざるうどんが多かったので
夏の定番 ひやかけうどんにしてみた。

 

おかずは久しぶりにおでんの焼き豆腐

 

450円也

 

 

3月〜関連ページ

1月〜
休日ともなれば人気さぬきうどん店は長蛇の列!ほとんど並ぶことを知らない香川県でも別格の世界です。オススメの美味しいさぬきうどんの取り寄せを店を紹介します。☆
6月〜
休日ともなれば人気さぬきうどん店は長蛇の列!ほとんど並ぶことを知らない香川県でも別格の世界です。オススメの美味しいさぬきうどんの取り寄せを店を紹介します。☆